映画「めぐり逢わせのお弁当」インド・ムンバイ ダッバーワーラー(弁当配達人)配達ミスから生まれた出逢い ニムラト・カウル イルファーン・カーン

今日は、映画のお話を。

みなさんは、「ダッバーワーラー(dabbawala)」という単語を、お聞きになったことはありますか?

「ダッバーワーラー」とは、「インドの昼食配達システム」の事です。

ヒンディー語で、「ダッバー」は「容器」  「ワーラー」は「~する人」 の意味なので

「ダッバーワーラー」は「弁当の運び屋」の意味になるとのこと。

上の画像のような金属製の容器に詰めたお弁当を、一般家庭からビジネス街に運ぶシステムなのですが

この ダッバーワーラー で運ばれる お弁当の 配達ミス がきっかけで生まれる恋愛ストーリーを描いているのが

映画「めぐり逢わせのお弁当」です。

私は、今回も Amazonプライムビデオ プライム会員特典 で視聴しました(^^)b

実際には、ダッバーワーラーで配達ミスが起こる確率は、600万個にわずかひとつの割合でしか起こらないそうです(笑)

毎日約20万食も運ばれているにも関わらず、ミスなく正確に運ばれているというのが驚異的だし、

月額300~350ルピー(約500~600円)というのも驚きです!!

まあ、アクシデントが起こらないとストーリーが始まらないので(笑)、映画冒頭でお弁当の配達ミスが発生します。

ヒロインのイラニムラト・カウル)が、冷めた旦那さんを振り向かせる為に心を込めて作ったお弁当は、

早期退職目前の サージャンイルファーン・カーン)に届けられてしまいます。

とても美味しかったので、完食するサージャン…

そして、空っぽになったお弁当箱を受けとって喜ぶ イラ。

しかし旦那との会話で、お弁当が別の人に届けられたことを知ってがっかり…

上の階に住む、「おばさん」にそのことを話します。

そこから、「おばさん」の色々なアドバイスがきっかけとなり

サージャン との文通が始まります。

この「おばさん」との関わり方が、昔の日本の井戸端会議のようでもあり面白いところです。

相談できる人が身近にいるって、ありがたいことですよね。

でも正直、自分だったら、近所のおばさんが家庭の事に口出してきたら、結構うっとうしいですが(^^;)

イラ と おばさんの間には一定の距離が保たれていて、そこがちょうど良い関係性なんです。

恋愛映画にありがちな、「世界には二人だけ~♡」という感じの描かれ方ではなく

周りの人々の生活や人生も絡めて描かれているので、結構見ごたえあると思います。

私の好きな、「調理シーン」もふんだんに盛り込まれていて、異国の料理がたくさん見れて、そこも楽しかったです。

チャパティ を作ってみたくなりました(笑)

食べているシーンについても、色々思うところがありました。

あれ?、左手でチャパティ触ってるけど、インドの人って右手しか使わないんじゃなかったっけ?とか、

ナン じゃなくて チャパティ なんだ~とか

電車の中で、大声でうた歌ってるし~とか(笑)

自分の固定観念と違うところもあって、新しい発見もたくさんありました(^^)

イラ役の ニムラト・カウル さんが、健康的で美しかったです。 変に痩せたりしてなくて体の線も魅力的💛

また、サージャン役の イルファーン・カーン さんも、中年の魅力たっぷりで、繊細な表情も素敵でした。

二人の恋の行方については、是非、ご覧になって確かめてくださいね。

どろどろとした関係ではなく、おだやかな優しさが感じられる恋愛ストーリーですよ~(^^)/

以前、ご紹介した「半世界」での「炭焼き職人」などもそうですが、

一般的に良く知られていない職業や、実際に目にすることの少ない働く姿などを描いた作品は

物語りを見る面白さと、知らない世界を知る面白さの両方があって

観る価値が、すご~く! あると思います。

また、そういった「職人さん」を題材にしている映画を

色々、ご紹介していけたらな~と思います(^o^)/

ある日の猫 「舌しまい忘れ事件」 (=^・^=)

最初は、ミー君!

かなり、多めに出てますね~ =^_^=

お次は、クロちゃん

こちらも、いっぱい出てますね~(笑)

バッチリ、写真に収められる事は、なかなかないので、

どちらも貴重な一枚なんですよ~(^^♪

猫が、舌をしまい忘れる理由は、

ずばり「気が緩んでいるから」との事!!

気を許して、リラックスしていてくれたんだね~\(^o^)/

初心者でも安心のサポート!アフィリエイトを始めるならA8.net

Xserverドメイン